« た、平さんだぁ〜! | トップページ | さあ、宴の始まりダ。 »

2013年10月21日 (月)

スゴかったぁ〜!

スゴかったぁ〜!
スゴかったぁ〜!
スゴかったぁ〜!
今朝からのタフなコンディションの中
HONDA CB400F で行ってみた。

原稿明けナノで
車で行くコトも考えたが
誰かがバイクで来てくれているカモ
と、考えて俺もバイクで行くコトにしたノダ。

走り出しから完全な本降りの雨
高速道路に入ったら更に強い雨
東関東道に入ると完全に豪雨。

おまけに、
水捌けの悪いアスファルト部分では
自動車はハネ上げるスプレーで
水幕の向こうは全く視界が無い。

タチの悪いドライバーは無点灯どころかポジションランプも点けてくれないノデ危ない!
豪雨に怯えて追い越し車線で突然急減速(当然無点灯)、ソコに後続車が突っ込んで行く。

そんな恐ろしい光景を何度もスプレーの向こうに垣間見るながら佐原香取IC辺りマデ来ると突風が追加。

ステップを強く踏み込みながら踵でヒールプレートを締め上げて風に備える。

コレが利根川を越えて潮来ICマデの間は恐怖意外の何でも無かった。

料金所をETCスルーしながら
「雨の日は特にありがたいなぁ」なんて思いながらコンビニを探してみるが
「なんも無いな……」な状態。

ソコで会場の場所を確認する為に
俺が飛び込んだのはコイン精米。

「ココしか無いノデ勘弁してね」
と思いつつ、データを確認して
何とか会場入り。

ボランティアスタッフが迎えてくれたコトでホッと一息。

受け付けで数人のライダーを迎えたが
「すみません、今日は車です」と
謝られたが、ソレは違う。

どんな方法であれイベントに来てくれたコトが嬉しいノダ。

トークショー迄の間
ゲストの中野さんと主催者さんのお店(控え室用に用意して貰った)に入ってソコの壁にサインを書いた。

バイク関係のイベントで"家"にサインしたのは初めてダ(^.^)


時間になったノデ外に出てみると
完全に暴風雨のピーク!!!

待っている間にコインランドリーで乾かして貰った服も
ステージに着く頃にはびちょびちょ。

そんなタフコンディションにも関わらず沢山の人達が集まってくれた。

そして、ジャンケン大会には
万を辞して魔神降臨!!!

潮来の人々を翻弄して楽しませてくれた。

ソコ迄終わったトコロで
風雨が強まりイベント続行不能と言うコトで終了となった。

潮来の人達の熱い思いと
応援してくれているファンの人達に
感謝しまくりのイベントでした。

さあ次は週末のもてぎダ。

パレードに申込んで無くても
ヒザにバンダナ巻いて
ピースサイン振りまきながら
遊びに来ておくれヨ。

待ってるで!!!

|

« た、平さんだぁ〜! | トップページ | さあ、宴の始まりダ。 »

コメント

なんと!
潮来まで来られてたんですね!
お会いしたかったです
すぐ隣の市在住者です
しかし、バイク免許も持ってない私は、お呼びでないですね…(^^;)
遠巻きに応援しております♪
利根川辺りの風、よくわかります。晴れた日は海側の景色がイイんですよね(^^)

投稿: さくらもち | 2013年10月21日 (月) 22時31分

 雨の中お疲れさまでした。アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

投稿: 真夜中四本弦 | 2013年10月22日 (火) 01時03分

お疲れ様でした。

「末飛登さんバイクで来たんですか、僕は断念して車で来ました。」と、話をさせてもらった者です。

確かに見ました、精米所の前に停まっていた白いホンダ、とても不自然だったので印象に残っていて。でもトークショーの中でその謎は解けました。

茂木には行けませんが、またどこかで会えるのを楽しみにしています。

投稿: あんちゃん | 2013年10月22日 (火) 01時52分

こんにちは。

当日は、本当にご苦労様でしたm(_ _)m。

イベントが始まると、大雨になり、本当に今日やるのかな~、、の半信半疑のスタートでした。
で、雨脚がどんどん強くなって、、ついには、大雨警報まで、でるしまつ。

でも、でも、、末飛登さんが来てくれて、、中野選手が来てくれて、、とてもうれしいひと時でした。
そして末飛登さんの、テンションの高い司会、最高でしたb(・∀・)。楽しかったです。
本当に ありがとうございました。

ただ、うちのたこ焼きを食べて頂けなくて、とても残念でしたc(>ω<)ゞ。(味自慢コンテストに参加してましたー。)


これからも、ご活躍、楽しみにしてまーす。頑張ってくださーい。♪(o ̄∇ ̄)/


(潮来市民より)

投稿: キイロトリ | 2013年10月22日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« た、平さんだぁ〜! | トップページ | さあ、宴の始まりダ。 »